環境活動

TMTマシナリーの環境活動について

はじめに

TMTマシナリーは京都議定書の調印の場所である京都、関西圏の水瓶である琵琶湖に隣接する大津、漁業の盛んな瀬戸内海に面している松山など、環境意識の高い地域に拠点を持つことから、環境保全や省エネに対する活動に真剣に取り組んでいます。

TMTマシナリー環境管理の基本理念

TMTマシナリーでは、会社の事業活動において地域の環境保全に積極的な役割を果たすために、理念を制定しています。

(1) 環境保全は、企業活動の基礎であり、必要な施策は優先的に実施する。
(2) 環境保全に対し、自己責任を持ち自主管理を徹底する。
(3) 地域環境の保全等の諸活動に対し、社会各層との相互理解と協力関係の強化に努める。
(4) 地球環境保護に関し、積極的役割を果たす。

地球と環境にやさしい製品の開発

製品面からの環境保全へのアプローチとして、製品の製造、使用、廃棄の各段階において最も環境に負荷を与えない方法を考えることを課題としています。その一例として、空気使用量や電気消費量を抑えた、地球と環境にやさしい製品の開発等に積極的に取り組んでいます。

pagetop TMTマシナリー トップ