先輩たちの声

INTERVIEW 技術職 優れた設計者として高みに登るため裾野を広げたい 2016年入社 設計部制御グループ 電気工学科卒

自分の設計で、
実際に製品が動くという感動

元々、生きていく上で必要な“衣食住”に関わる仕事がしたいと考えていました。私たちは糸を通じてそれらに関わっていますので、まさに希望通りの会社です。これまで入社から3年間、プリント基板の設計、中でもハード面の制御を担当してきました。モーターを動かしたり、カッターと呼ばれる糸を切る装置を動かしたり、TMT製品の全体を制御しますので、非常に重要な仕事。自分の設計した基板が組み込まれた製品が、お客様の元で実際に動いているのを見ると今でも感動します。

TMTは頑張りたいという思いに、とことん応えてくれる

まだ入社年月は浅いですが、当社の社風として、“成長できるチャンスがみんなにある”ということはすごく感じます。慣れた人であればスムーズに進む仕事でも、意欲があれば若手でもどんどんチャレンジさせてもらえる。そして、社員一人一人全員がその意欲を持っていて、自分の能力を伸ばそうとしているところがこの会社の強みだと思います。私も入社してすぐ、「まだ難しいかもしれないけれどやってみるか?」と上司に声をかけていただいて、大きな仕事を任せてもらいました。この仕事は今も継続中ですが、やるからには上手く回してやり遂げたいので必死で勉強しながら頑張っています。経験が浅くても挑戦させてもらえる会社なので、自分の能力を高めていける環境がTMTにはあると思います。

技術はどんどん進歩する
立ち止まってはいられない

現在、制御グループの中の6~7名がプリント基板の設計者として切磋琢磨しています。その中で、一歩も二歩も抜きん出るためには、担当業務以外の勉強も当然必要。最近ではIoTなど、時代の流れがものすごく速く、世の中の技術がどんどん上がっているので、立ち止まっているとすぐに取り残されてしまいます。私ももちろん基板設計の技術を高め、その道を極めていきたいと思っていますが、一方で、「高い山を築くためには、裾野を大きく広げる必要がある」という例えがあるように、プログラムのことや品質管理のこと、試作品の試験方法のことなど、さまざまな分野も掘り下げて勉強していきたいと思っています。そして最終的には、優れた設計者として、大きな山の頂上からの景色を眺めることができればいいなと考えています。

学生の皆さんへのひとこと

TMTに就職して、大学時代と大きく違うと思うのは、自分で進めないと前へ進まない仕事があるということ。もちろん先輩たちはいろいろ教えてくれますが、教えてもらうばかりでは単なるお手伝いで終わってしまいます。また、いつまで経っても先輩たちに追いつくことはできません。自分の配属された部署で必要だと思うことを自ら勉強して、他の人がやっていないことを積極的に提案してみる。そういうチャレンジ精神が大切です。それが新しい可能性につながりますし、自分自身の経験になっていきます。みなさん、TMTで大きく成長しましょう。

Fさんの1日のスケジュール

7:50
出社
8:00
メールチェック
8:30
試作基板の動作検証
10:30
試験結果の確認・報告
12:45
昼休み
13:15
基板プログラムの修正
15:00
試作基板の動作検証
16:40
帰宅

休日は趣味のロードバイクでどこかに出かけていることが多いです。実は、社内にも同じ趣味の人がいて、声をかけてみると、ボクも、私も、という感じで10名ぐらいいることがわかりました。先日、社員旅行で沖縄へ行ったのですが、その時もメンバー数人が自転車を持参し沖縄を巡りました。そろそろ会社の公認サークルとしての申請もしたいなと思っています。

OTHER INTERVIEW

  • INTERVIEW 技術職 技術が信頼を生みコミュニケーションが信頼を深める 2015年入社 開発部 繊維学部卒
  • INTERVIEW 技術職 人とつながり幅広い知識を得て更なる技術向上を 2014年入社 技術本部DTY設計部 工学部機械工学科卒
  • INTERVIEW スタッフ職 視野を広く持ちいつかは経理のスペシャリストに 2012年入社 管理本部経理部 文芸学部卒
  • INTERVIEW 営業職 求められているのは機械の先にある 品質やノウハウ2010年入社 営業部第2営業グループ 国際言語学部卒
  • INTERVIEW 営業職 設備環境を 顧客と共に築く理想の関係に 2010年入社 営業部第1営業グループ 法学部卒
  • TALK SESSION 対談:新人OJTの現場から OJT受ける人 2016年入社 営業部第1営業グループ K.N 外国語学部中国語学科卒、メンター 2010年入社 営業部第1営業グループ M.N 法学部卒